頭痛外来を受診して痛みを解消|原因解明が難しい症状

日常生活に支障する厄介者

ウーマン

二次性の病気に注意

頭痛を経験した人はいないほど頭痛はメジャーな病気です。一言で頭痛を言ってもその種類は様々です。大きく分類すると一次性頭痛と二次性頭痛に分類されます。一次性頭痛は偏頭痛に代表させる頭痛で、特に生命にかかわることはありませんが、日常生活にある程度支障をきたす場合があります。二次性頭痛は病気が原因で起こるものです。そのため生命の危険を及ぼす場合もあります。特に脳の血管に異常ができて生じる場合には、死に至ることも少なくありません。日常的なものは誰しも経験をしたことがあるものです。二日酔いのときや寝不足の時などに生じるものから、定期的に襲う偏頭痛や群発頭痛などです。しかし、これらは規則性があるとともに痛みも我慢できる程度のものが多く、1時間から2時間程度で治ります。二次性のものは急激に激しい痛みを伴うものも多く、中には意識を失うケースもあります。そのため、いつも違う痛みが襲うなど二次性の予兆を感じた時には、迷わず病院にいくことをおすすめします。命の危険性があるからです。

市販薬がおすすめ

二次性のものに関しては、病院へ直行するのが一番ですが、日常生活に支障を及ぼす一次性のものに関しては、病院へ行くことはほとんどありません。ある程度安静にすることで解消するからです。そして少しでも痛みを和らげるのであれば、市販薬を利用することがおすすめです。常備薬として、家や職場に配置していたり携行している人も数多くいます。人気の市販薬は即効性を謳っている製品です。偏頭痛をはじめとして、一般的な頭痛が生じるメカニズムは血管の拡張です。それに三叉神経が刺激を与えることで、痛みを感じるのです。そのため、鎮痛剤には血管の拡張を抑止する働きと、三叉神経の動きを鈍くする成分が含まれています。この二つを抑えることで痛みを緩和させることが可能になるのです。しかしあくまでも市販薬は万人向けであり、頻繁に襲うなどする場合には病院で処方してもらうことをおすすめします。また、鎮痛剤は痛みが初期段階の時ほど効きやすく、頭痛が頂点の状態ではあまり効果がありません。頭痛を感じたら、できる限り早く服用することが大事です。

Copyright © 2016 頭痛外来を受診して痛みを解消|原因解明が難しい症状 All Rights Reserved.