頭痛外来を受診して痛みを解消|原因解明が難しい症状

原因を探し当てるために

頭を抑える女性

気を楽にして取り組む

今や頭痛は国民病のひとつといっても過言ではない病気となっています。その中には、頭の中にできている腫瘍が原因となっている頭痛もあります。また、過去に遭った交通事故や運動時の事故などが原因となって、後遺症のひとつとして現れている頭痛もあります。脳に直接の原因がある頭痛は、脳神経内科や脳神経外科などの病院に行って治療を受ければ改善することが見込めます。もちろん、脳の病気は病院に行っても治療に長期を要する場合がありますが、症例も多いので治療薬なども数多く開発されています。病院で治療を受けるときは、時間がかかる可能性もあることをあらかじめ認識し、気長に取り組むことが大切です。そして薬を処方されている場合は自分の判断で中断したりせず、気になることがあったら主治医にまず相談することが重要です。頭痛はつらいものですが、症状を気に病むとますます治りが遅くなるという傾向があります。もし、病院にしばらくかかってもいっこうに改善しないという場合には、治療をそこでやめてしまうのではなく別の病院にセカンドオピニオンを求めてみるのがよいでしょう。

ノートに書き出してみる

頭痛の原因には脳の病気や事故の後遺症などのほかに、いろいろな要因があります。そうした要因のすべてが脳の検査でわかるわけではないので、頭痛の診断においては医師による患者への問診も重要な判断要素となります。したがって、頭痛で病院にかかるときはまず自分の普段の生活ぶりや、頭痛が起こるようになった時期などについてノートにまとめておくと役に立つのでおすすめです。頭痛の起こるようになった時期がわかったら、その直前や前後に何か変わったことがなかったかについてもできるだけ思い出すようにしましょう。というのも、頭痛の中には身体的な原因がまったく見あたらないのに現れるものもあるからです。たとえば住居や職場を変わった後で頭痛が現れるようになることがあります。また、頭痛の原因として見落とされがちなものにホルモンの変化があります。男性でも女性でも、更年期のようなホルモンの乱れが頭痛の原因となる場合があるのです。頭痛はこのように生活スタイルから年齢、ライフステージなど、複合的な要因で生じるので事前の自己リサーチが病院での診断に役立ちます。

Copyright © 2016 頭痛外来を受診して痛みを解消|原因解明が難しい症状 All Rights Reserved.